読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オッカケ!!イベレポ】「結城友奈は勇者である」スペシャルイベント『満開祭り 2』

オッカケ運営のかのたんです。

遅くなりましたが、今回は「結城友奈は勇者であるスペシャルイベント『満開祭り 2』のレポートになります。

 

okkake.me

okkake.me

 

冒頭から讃州中学勇者部の5名(照井春佳さん、三森すずこさん、内山夕実さん、黒沢ともよさん、長妻樹里さん)が主題歌の「ホシトハナ」を歌いながら登場。

幻想的な曲調で場が厳かな空気に包まれながらも、会話が始まればいつも通り和気藹々とした雰囲気に。

前回の満開祭りでは登場しなかった、乃木園子役の花澤香菜さんも迎え、みなさん「今日は散華する」と言いながら最初のコーナーが始まりました。

 

大赦の訓練メニューをこなせ!

最初のコーナーは作中に登場する組織、「大赦」から与えられた訓練メニューをこなすというものでした。

作中に出てくる「バーテックス」と呼ばれる敵を、ミッションをこなすことで倒していきます。

 

昼の部で最初に出たお題は「ダジャレに弱いバーテックス」で、三森さんが「今日サモい、サモハンキンポー」と言って会場が微妙な空気になってました。

 

続いては「優しい言葉で溶けちゃうバーテックス」。

黒沢さんが挑戦しようとし、花澤さんが「そんなに前のめりで行くものなの?」とツッコミ。

黒沢さんが「好きなだけ食べていいよ」と優しく言ってバーテックスを溶かしていました。

 

続いてはまたもや「ダジャレに弱いバーテックス」。今度は照井さんが担当になったのですが、「ダジャレを探してるの」と言いながら歩き回るあたりがさすがという感じでした。

 

夜の部には「ものまねバーテックス」。「わ゛た」と三森さんの真似をする照井さんに、「よ、よよよ、よろしくお願いします」と黒沢さんの真似をする内山さん。

 

続いては「ウィンクに弱いバーテックス」。長妻さんが事務所NGが出てるというウィンクを披露。若干瞼が痙攣してました。

続いて挑戦した花澤さんがさすがのかわいいウィンクを決め、クリア。

 

その他、勇者部体操というお題で神樹様を意識した体操をしたり、ミュージカルというお題で「エッサホイサ」と戦闘時の音楽を歌ったりして非常に自由なコーナーでした。

 

バーテックス同時襲撃

こちらは6問の難易度別の常識クイズを6人全員で解くというコーナー。

 

昼の部は照井さんが「私宇治原やるー」と最後の回答者に。

源氏物語を書いた人は?
②テニスで0点の事を何という?
ドライアイスは何を固めたもの?
④拝啓で始まる手紙の最後は?
サグラダファミリアを設計したのは誰?
⑥土耳其 これ何と読む?

という問題が出題され、5人目の黒沢さんがガウディを答えられずに時間を使ってしまい、6番のトルコを答えるも、そこで時間切れ。

 

罰ゲームとして、一般常識も答えられないバカなみんなはバカになることというお題が出され、久しぶりにラジオで出てきた外国人パトリック・ロドリゲス(照井さん)と、アジア系の謎外国人(三森さん)が見られました。

 

夜の部では昼とは逆の順番に。

①三大美女の内エジプト人の名前は?
生きた化石と言われる魚の名前は?
③5円玉に描かれている植物は?
④ハエを英語で?
自由の女神右手には何を持っている?
⑥兎や猿などが擬人化されて描かれている作品の名前は?

 

上記のような問題が出演され、最後の花澤さんのところで自由の女神の問題が残りました。

正解は松明なのですが、「右手に自由を持っている」という回答が面白かったので半分クリア扱いに。

ご褒美のフルーツが食べられる権利を得るも、同時に罰ゲームも行うということで、常識がわからないメンバーが幼児退行をさせられていました。

フルーツがあることで、バナナを持ってドラミングしたり、果物を丸かじりしたりと相当なカオスだったので、また動画で見返してみたいです。

 

キャラソンコーナー

続いては6人の出演者が順次キャラソンを歌ってくれました。

昼の部、夜の部共通で

以上のように1人1曲ずつ歌ってくれましたよ。

曲は聞いたことがあっても、前回の満開祭りとは曲も違うので、振り付けが付いて見られたのは皆さんとてもうれしかったのではないでしょうか。

 

名シーンダイジェスト2

こちらは結城友奈は勇者であるの作品の名シーンをダイジェストで振り返るコーナーでした。

他の作品でも生アフレコや生エチュードのコーナーはありますが、満開祭りのこちらのコーナーは物語の最初から最後まで通しでやるということで、ボリュームも多く、とても物語に入り込めるものでした。

様々な作品がある中で、結城友奈の作品は9話の大赦に激昂する風先輩と止める友奈、11話の夏凜の啖呵を切るシーン、12話の友奈の最終決戦など、かなり感情をむき出しにして叫ぶシーンが多く、こちらも感情を揺さぶられる内容でした。

 

また、過去のシーンということで、鷲尾須美組のメンバーが登場。

鷲尾須美時代の東郷役の三森さん、本編ではあまり出番のなかった乃木園子役の花澤さんに続き、サプライズで三ノ輪銀役の花守ゆみりさんが登場し、客席から大きな歓声が上がっていました。

 

樹の祈りの歌の生歌もあり、友奈の最終決戦のあと、最後はエンディング曲のAurora Daysを歌って締めるという、素晴らしい生ダイジェストでした。

 

そして、Aurora Daysの後はキャラクターソングアルバムに収録された「勇気のバトン」を初披露。

最初は5人で歌っていたのですが、大サビのところで花澤香菜さん、花守ゆみりさんが登場し、大変盛り上がりました。

勇気のバトンという歌には「誰かの一歩が背中押したんだ」という歌詞があるのですが、讃州中学の勇者部メンバーが知らない「誰か」である、過去の鷲尾須美組のメンバーの2人が出てきて一緒に歌う演出はとても感動的なものでした。勇気のバトンという曲が結城友奈は勇者である単体の曲ではなく、勇者シリーズ通してのテーマソングなんだと強く感じるライブパフォーマンスでした。

 

そして最後はお知らせコーナー。

鷲尾須美編のPVが初披露されたり、乃木若葉は勇者であるのお渡し回の発表、そして聖地の観音寺市でイベントが行われることなどが発表されました。

今後の展開も盛りだくさんで「結城友奈は勇者である」1期から2年が経ち、1期を振り返るとともに、過去編である「鷲尾須美は勇者である」、そして「結城友奈は勇者である」の続編への期待が高まる非常に良いイベントでした。

 

今後もこの作品を全力で追いかけて行こうと思います。